DP-900: Microsoft Azure Data Fundamentalsに無料で合格するための勉強法

資格取得

AzureのFundamentals資格の1つであるDPー900に合格したので、勉強法をまとめます。

スポンサーリンク

DP-900: Microsoft Azure Data Fundamentalsって?

Azureのデータサービスに関するエントリーレベルの試験で、合格するとMicrosoft Certified: Azure Data Fundamentalsという認定資格が得られます。

他のFundamentalsレベルの試験としてはAZ-900: Microsoft Azure FundamentalsやAI-900: Microsoft Azure AI Fundamentalsが有名です。

既にAZ-900に合格していたり、リレーショナルデータベースやNoSQLの基本的知識がある場合は、1週間もあれば十分に合格レベルに達するはずです。

もし全くAzureに触れたことがない場合は、先にAZ-900を受験したほうが理解しやすくなると思います。

AZ-900の記事はこちら

受験時のスペック

効率的な勉強方法

合格のためにやるべきことは以下の3つです。

Microsoftが提供する教材をこなすことで、市販の教材に頼らずに無料で学ぶことができます。

①Virtual Training Daysの受講

まずはMicrosoftが提供する無料ウェビナーを受講して概要を掴みましょう。

平日のみの2日間(半日×2)の講座となりますが、試験に出題されるポイントなども教えてくれ、さらに試験が無料で受けられるバウチャーを手に入れることができます。

以下のページから「Microsoft Azure Virtual Training Days: データの基礎」を探して申し込みましょう。

無料のトレーニング イベント Virtual Training Days| Microsoft Events and Seminars
Microsoft Virtual Training Days は、皆様のビジネス、キャリアへより大きなインパクトを創出するために設計された無料のトレーニング イベントです。

受講して1週間後くらいに『「Microsoft Azure Virtual Training Days: データの基礎」にご参加いただき、ありがとうございました』というメールが届くので、案内に従って試験を申し込めば無料で受験できます。

②Microsoft Learnのラーニングパスで学ぶ

次に、試験範囲に対応したラーニングパスを一通り読みましょう。

該当のラーニングパスは以下を参照してください。

Exam DP-900: Microsoft Azure Data Fundamentals - Learn
Exam DP-900: Microsoft Azure Data Fundamentals

かなりボリュームがありますが、試験に出るポイントは後に紹介するオンデマンド講座で押さえられるので、細かい部分はあまり気にせずサービスの概要を把握するように進めるといいかと思います。

演習や知識チェック問題はなるべくこなしましょう。

③試験対策オンデマンド講座の問題を解く

Microsoft認定ラーニングパートナー企業による試験対策講座も無料で受けることができます。

DP-900 : Microsoft Azure Data Fundamentals 試験対策

多くの練習問題がありとても有益な内容なので必ず受けましょう。

講義スライドだけでもかなり充実しているので、時間がない場合は講義動画は視聴しなくてもOKです。

練習問題の多くがそのまま試験にも出題されたので、ラーニングパスの内容を理解しきれていなくてもこれをマスターすれば合格できると思います。

試験本番と結果

自宅受験か会場(CBT形式)を選択できるのですが、今回は自宅受験を選択しました。

移動時間を気にすることなく受けられるので、近くに会場がない場合などは特におすすめです。

結果は944/1000点でした。当日にオンデマンド講座の問題を総復習したのが効いたなと思います。

おわりに

AI-900に続いて、DP-900にも合格することができました。

DP-900では、AzureのDBサービス以外にも一般的なNoSQLやビッグデータ分析についての基本的な知識を得ることができたのがよかったなと思います。

少しでも興味のある人はぜひチャレンジしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました