記事内に広告が含まれています

【C#】Entity Framework CoreでSQL Serverを操作する

EfCoreSqlServer C#

Entity Framework Core (EF Core) を使ってSQL Server (Local DB) に接続し、DBを生成したりCRUD操作をする方法を解説します。

※直接SQLでデータを操作する方法(ADO.NET)については下記記事を参照してください。

環境

  • Visual Studio 2022
  • .NET 8

プロジェクトの作成

Visual Studioで新しいプロジェクトを作成します。今回はコンソールアプリを使って解説します。

必要なパッケージのインストール

まずEF Coreを使うために必要なパッケージをインストールします。

NuGetパッケージマネージャーなどから以下の2つのパッケージをインストールしてください。

※パッケージのバージョンはお使いの.NETのバージョン(ターゲットフレームワーク)に合わせるようにしてください(.NET 6ならバージョン6.x系など)

EntityとDbContextクラスの用意

Todoを管理する簡単なアプリケーションを作成します。

ここではDBのテーブルに対応するEntityクラスと、DBとEntityクラスの橋渡しを行うDbContextクラスを作成しましょう。

プロジェクト直下に以下の2つのクラスを作成してください。

まずTodoエンティティを定義します。
ID(主キー)、Todo名、完了フラグを保持するテーブルです。

namespace SQLServerCurdSample
{
    internal class Todo
    {
        public int Id { get; set; }
        public string? Name { get; set; }
        public bool IsComplete { get; set; }
    }
}

次にDbContextクラスです。
「UseSqlServer」の後にSQL Server Local DBの接続文字列を記載します。

using Microsoft.EntityFrameworkCore;

namespace SQLServerCurdSample
{
    internal class TodoContext : DbContext
    {
        public DbSet<Todo> Todos { get; set; }

        protected override void OnConfiguring(DbContextOptionsBuilder optionsBuilder)
        {
            optionsBuilder.UseSqlServer(
                @"Server=(localdb)\mssqllocaldb;Database=Sample;Trusted_Connection=True");
        }
    }
}

DatabaseにはSampleという名前を指定していますが、任意の名前で大丈夫です。マイグレーション時にここで指定した名前のDBが自動で作成されます。

マイグレーション

マイグレーションを行うことで、作成したEntityクラスに対応したテーブルがLocal DBに作成されます。

「ツール」→「NuGetパッケージマネージャー」→「パッケージマネージャーコンソール」でコンソールを開き、以下のコマンドを実行してみましょう。

Add-Migration InitialCreate
Update-Database

これらのコマンドで行われることは次の通りです。

  1. Add-Migrationコマンド:変更内容が記録されたマイグレーションファイルを作成する
    ※Initial Createと記載している部分は任意です。変更内容がわかるようなメッセージを記載します。
  2. Update-Databaseコマンド:マイグレーションファイルの内容をDBに反映する

実行後、「Done」と表示されればマイグレーション成功です。

Visual StudioのSQL Server オブジェクトエクスプローラー(上部メニューの「表示」から選択可能)などでLocal DBを開くと、テーブルが作成されていることが確認できます。

また、プロジェクト直下にMigrationsフォルダが作成されています。
この中には今回のマイグレーション内容等が記載されたファイルが格納されています。

CRUD操作の実装

それでは、作成されたテーブルに対してCRUD操作を行うプログラムを実装しましょう。
今回はサンプルコードのため全てProgram.cs(最上位レベルのステートメントを使用)に記載しています。

using SQLServerCurdSample;
using Microsoft.EntityFrameworkCore;

using (var context = new TodoContext())
{
    // ①登録
    context.Todos.Add(new Todo { Name = "C#学習", IsComplete = false });
    context.Todos.Add(new Todo { Name = "筋トレ", IsComplete = false });
    context.Todos.Add(new Todo { Name = "映画鑑賞", IsComplete = false });
    await context.SaveChangesAsync();

    // ②1件取得(Idが最も小さいレコード)
    var todo = await context.Todos.OrderBy(t => t.Id).FirstAsync();

    // ③更新
    todo.IsComplete = true;
    await context.SaveChangesAsync();

    // ④全件取得
    var todos = await context.Todos.ToListAsync();
    todos.ForEach(t => Console.WriteLine($"④ Id:{t.Id}, Name:{t.Name} IsComplete : {t.IsComplete}"));

    // ⑤全件削除
    context.RemoveRange(todos);
    await context.SaveChangesAsync();
}

Console.ReadLine();

簡単に処理内容を説明します。

  1. まずTodoアイテムを3つTodosに追加しています。IDは自動採番の設定になっているので指定する必要はありません。SaveChangesAsyncを呼び出すことでINSERT文が実行されます。
  2. Todosテーブルのデータを昇順にソートした後に、先頭の1レコードを取得しています。
  3. ②で取得したデータの完了フラグをtrueに変更後、SaveChangesAsyncを呼び出してUPDATE文を実行しています。
  4. ToListAsyncでTodosテーブルから全件を取得し、ForEachでコンソールにデータの中身を出力しています。
  5. RemoveRangeに④で取得したデータを渡して取り除いた後に、SaveChangesAsyncを呼び出してDELETE文を実行しています。なお、1件だけ削除したい場合はRemoveメソッドに1つのtodoを渡します。

デバッグ実行すると、④の全件取得結果がコンソール上に表示されます。
※画像は何度か実行したものなのでIdが大きくなっています。

上記のコードでは最後に登録したデータを全て削除しているため、DB上ではデータを確認できません。確認したい場合は⑤の削除処理をコメントアウトしてください。

ちなみにEF Core 7.0以降であれば、UpdateとDeleteの処理を以下のように記述できます。
条件に該当する複数のレコードを一括更新/削除する場合に便利です。

// 完了フラグがfalseのレコードを全てtrueに更新
context.Todos.Where(t => !t.IsComplete).ExecuteUpdate(s => s.SetProperty(t => t.IsComplete, true));

// 完了フラグがtrueのレコードを全て削除
await context.Todos.Where(t => t.IsComplete).ExecuteDeleteAsync();

(参考)

ExecuteUpdate と ExecuteDelete - EF Core
ExecuteUpdate と ExecuteDelete を使って Entity Framework Core を使用して変更を保存する

おすすめ書籍

秀和システム
¥3,520 (2024/02/22 14:41時点 | Amazon調べ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました