【体験談】転職ドラフトを使って転職してみた

その他

2023年4月に競争入札型転職サービスの「転職ドラフト」を使って転職し、年収を100万円以上アップさせることに成功したので、登録のきっかけや使ってみた感想をまとめました。

同年代の方や、開発経験が浅い方の参考になれば幸いです。

※本記事は転職ドラフト体験談投稿キャンペーンに参加しています。

転職ドラフト登録時のスペック

  • 年齢:30代半ば
  • エンジニア歴:1年10ヶ月
  • 経験技術:C#, JavaScript, Azure
  • 経験業務:Webアプリケーションの開発・運用

30代前半で実務未経験から自社開発企業のエンジニアに転職し、Webアプリケーションの開発や運用に携わりました。

現職では開発よりも運用に携わる時間が多かったのですが、自分としてはサービス開発を通じて技術力を高めていきたいという思いが強かったため、開発経験が積める環境を求めて転職を決意しました。

未経験から転職した際に年収がダウンしていたので、転職によって年収も上げたいという思いもありました。

転職ドラフトを利用したきっかけ

転職を検討し始めた段階で、以前から興味のあった転職ドラフトに登録してみました。

主に魅力に感じていたポイントは2点です。

  • 事前にレジュメを審査してくれること
  • 自分の市場価値がわかること

エンジニアになってからは職務経歴書を書いたことがなかったので、フィードバックを受けながら効率的に経験の棚卸しができると思いました。

また、30代半ばであることや、C#やAzureといった日本のWeb系界隈ではそこまでメジャーではない技術の経験しかない場合でも、市場価値があるのかを知りたかったというのも登録のきっかけです。

なお、利用前はそもそも1件も指名されないのでは…と思っていたため、転職エージェントなど他の転職サービスも同時に登録しました。(途中から転職ドラフト一本に絞りました)

レジュメ審査

レジュメはしっかり書かないと審査に通らないと聞いていたので、自分なりに今まで取り組んだことや工夫したことを書いて提出しましたが、1度目の審査ではNGとなりました。

いただいたフィードバックをもとにレジュメを見返してみると、全体的に抽象的な記載となっていたため、プロジェクトでの自身の役割や使った技術、工夫した理由などを詳細に記載して再提出したところ、2度目の審査で通ることができました。

0から書き上げるのは中々大変ですが、記載例やレジュメを公開している方の書き方を参考にすれば審査通過の可能性が上がるはずです。

指名結果

ドラフト開始前の予想に反して、開始早々に1社から指名され、その後終了間際に6社から指名をいただきました。

希望年収欄は空欄にしていましたが、どの指名も現年収から50〜200万円以上アップする内容だったのが素直に嬉しかったです。

企業によっては指名理由もかなり丁寧に書いてくれるので、どういった経験や技術が評価されやすいのかがとても参考になります。

選考と内定

指名をいただいた7社のうち、興味を持った4社とカジュアル面談を行いました。

その中から3社の選考に進み、最終的に志望度が一番高かった1社から内定をいただくことができました。(他の2社はミスマッチによりお見送りされました)

年収も100万円以上のアップとなったため、最終的に満足のいく転職活動ができたと思います。

転職ドラフトの感想

事前に魅力を感じていたレジュメのフィードバックや自分の市場価値がわかるという点は、実際に利用して満足に感じられました。

その他メリットに感じた点は下記の通りです。

  • 転職エージェント経由では中々出会えない企業から指名が来ることがある
  • 指名理由や多くの指名をもらっている人のプロフィールから、どのような経験や技術が市場で評価されやすいのかを把握できる
  • 事前に提示年収がわかっている状態で選考に進むことができる

一方で、利用して感じたデメリットは下記の通りです。

  • 企業によって指名理由の粒度が大きく異なる
  • 最終日に指名が集中する傾向があるので、複数社の選考に進む場合はスケジュールがタイトになりがち

続いて私が実際に使って感じた、指名をもらいやすくするコツを記載します。

  • レジュメの項目(希望年収以外)はなるべく埋める
    →「野望」欄は特によく見られる気がしたのでしっかり書きましょう
  • 審査通過後もレジュメ内容を適宜ブラッシュアップする
    →企業は細かくレジュメを読んでくれるので、レジュメの質を上げることは何よりも大事です
  • 気になる企業には積極的にラブコールを送る(最大10社)
    →ラブコールした企業は高確率でレジュメを見てくれました

おわりに

レジュメをしっかり書けば、開発経験が浅かったり、モダンな技術の使用経験がなくても十分に指名を得ることは可能です。

今すぐの転職を考えていない場合でも、自分の市場価値の確認や職務経歴の棚卸しにぜひ利用してみてください。

最後に私の紹介コード「DJMH」を載せておきます。

登録時にこの紹介コードを入力することで、レジュメ審査合格後にオライリー本やAmazonギフト券などのプレゼントをもらうことができます。

転職ドラフトに興味を持った方はぜひ使ってみてください。

転職ドラフト|ITエンジニアを年収・仕事内容つきで競争入札
ITエンジニアを企業が年収付きで競争入札する転職サイト。通常、内定段階までわからない年収が最初に提示されるため、金額を見た上で選考に進むかを判断でき、リアルな市場価値もわかります。毎月開催中。
その他
hiranote

コメント

タイトルとURLをコピーしました